子育てに困っている、つい怒って叩いてしまう・・・。でも本当は優しいママでいたいという方へ

自立と自律の子育て

自立と自律の子育て

私の子育ての方針の一つに、

 

「自立と自律の子育て」

 

というものがあります。

 

これは、

 

「自分のことは自分でできるようになる」

 

という自立と、

 

「自分のしたいことを我慢して、人に譲ってあげる優しさや、
自分のしたいことのために、嫌なことでも頑張って努力する」

 

という自律(自分を律する)

 

この二つの「じりつ」ができるようにする、という話です。

 

 

 

自分でできるようになるには、
最初は親のサポートがいります。

 

でも、全てやってあげていては何もできないままです。
そうではなく、少しずつできるようにしてあげるのが、
親の優しさだと思います。

 

これは、「サバイバル」のためでもあります。

 

有事や災害で、お子さん一人残してしまうことがあるかもしれません。
そんな時でも、強く生きていけるように、

 

小さなころからでも、できることはさせるようにする、
というのも、親の役割だと思っています。

 

 

 

自律というのは、なかなか大人でも難しいものです。
自分を抑えて人に尽くす、とか、
努力し続ける、ということは並大抵のことではありません。

 

 

これができるにはどうすればいいか、というと、

 

【親の愛情】が不可欠です。

 

 

小さなころから、

 

「あなたは私の大切な子よ」
「いつも応援しているよ」
「頑張っているね」

 

 

そういう言葉をかけていたり、
そういう姿勢で見守っていると、

 

子どもは自分を認められたと思い、
自信がつきます。

 

 

自分に厳しい人になるには、
まず、自分が親から認められていないと、
できないことなのです。

 

 

親ではなく、学校の先生や、
先輩、とかそういう人から認められることもあります。

 

 

でも、

 

家庭にいるうちは、やっぱり、
親しかいないですよね?

 

 

私はお受験対策の講師ではありませんが、
お受験でも、家庭での親の在り方や、
子どもが「どんな人になりたいか」ということなども

 

聞かれるのではないでしょうか?

 

 

ただ、勉強だけができればいい、

 

そういうものではありません。

 

 

でも、勉強はできた方が、
選択の幅が広がります。

 

そして、勉強ができる子になるには、
幼い時から、親がどうやって子に関わるか、

 

ということも大切になってきます。

 

 

そういう意味で、
私の【共感子育て】や、【知育編】の動画講座というのは、

 

子育て全般をカバーする講座になっている、
と思っています。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

広瀬つみき

 

 

 

+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

 

今、広瀬つみきのメルマガにご登録いただくと、
イヤイヤ期の子育てのコツや、幼児教育の具体的な方法がわかる
無料レポートを、10冊以上(500ページ以上)プレゼントしています!
ご登録はこちらから。
かてきょ広瀬つみきのメールサプリ(無料メルマガ)

広瀬つみきのコンテンツ