幼児期から勉強を教えたいけど、具体的にどうすればいいかお困りのママへ・・
3歳で読み書きできちゃう!7つの秘密

3歳で読み書きできちゃう!7つの秘密

3歳で読み書きできちゃう!7つの秘密

内容は以下のようになっています。

―――――――――――――――――――――――――――
第1の秘密
「きっかけづくり」


しゃべることはともかく、読み書きは、あなたのお子さんに限らず、
どの子も自然とできるようになるものではありません。
子どもが読み書きを覚える順序をお伝えすると共に、
親ができる「きっかけづくり」についてお話します。

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
第2の秘密
「興味を持たせる」

読み書きを教えるために、教室に通わせたり、
ムリに教えたりする必要は全くありません。
普段の生活の中でできることを、具体例と合わせてお話します。

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
第3の秘密
「インプット」


文字を教えるということは、言葉を教えるということにも似ています。
一つ一つの文字を教えるというのは、実は非常に効率の悪いことだということを、
あなたはご存知でしょうか?
とにかく、なるべく大量に、幅広く教えることが大切です。
―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
第4の秘密
「森の中で木を探させる」


「木を見て森を見ず」ということわざがありますよね。
子どもが言葉を覚える過程というのは、実はこの正反対のことをしています。
大量にインプットすると、どうなるのか?
子どもの秘められた能力についてお話します。

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
第5の秘密
「ちょっと難しいことをさせる」


あなたは、「あいうえおが全部わかるようになったら、漢字も教えよう」
というように考えていませんでしょうか?
子どもの能力は、無限大です。
ちょっと難しいことをさせてみて、その可能性を広げてあげましょう。

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
第6の秘密
「対応」


いよいよ文字を読む段階に入っていきます。
どうやったら、あなたのお子さんが文字を読むようになるのか、
どうやったら、あなたのお子さんが文字を書くようになるのか、
その秘密は、この「対応」にあります。

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
第7の秘密
「アウトプット」


いよいよ最終回。書く練習です。
読むことができて、書くことができるようになれば、
あなたのお子さんは、自分の力で学ぶことができるようになります。
どのような手順で書けるようになるのか、わかりやすくお話します。

―――――――――――――――――――――――――――



いかがでしょうか?
次は、広瀬のメルマガ読者さんからいただいたメッセージです。

----------------------------------------

『おまえは全く、だめな子だね!!!』

と、お母さんに言われて育ったら、その子は

『お母さんが言うんだから、
そりゃー僕は、本当にだめな子なんだろうな』

と思うようになってしまいます。

『お母さんが言うんだから、間違いない』、と。

………これ、子供って、本当にお母さんに従順ですよね。
涙ぐましいほど、従順ですよね TT_TT

だから、『お母さんが馬鹿馬鹿言うと、
ほんとうに馬鹿になります☆

私も母からは

『ろくなことをしない!全くばかだね!』

と言われて育ったので、それがバッチリ内在化してますよ v(^o^)

ていうことは、お母さんから

『おまえはまったく素晴らしい!!』

という言葉をもらうと、、
それがそっくりそのまま、子供の中に根づくのですね(*^-^*)
そのひとことで、素晴らしい子のできあがり♪♪(^^)
ですかね。

三重県 5歳、3歳のお子さんのママ

−−−−−/−−−−−−−−−−−−/−−−−−−−−−−−−−/

早い方がいいっていうけど、どんな風にやっていいのかわからないので
とても参考になりました。
うちの子はまだ1歳ですが、今後の参考にさせていただきます。

三重県 1歳のお子さんのママ

−−−−−/−−−−−−−−−−−−/−−−−−−−−−−−−−/

子育てしてると忙しいからなかなか教えたりできないけど、
これなら、あいている時間を使ってできるので簡単です。

三重県 3歳のお子さんのママ

−−−−−/−−−−−−−−−−−−/−−−−−−−−−−−−−/



広瀬:幼児教育というと、フラッシュカードとか、
教室に通うとかというイメージがあるかもしれません。

賢く育てるためにはどうしたらいいのか、、、

広瀬は、10代の時からその問題を追求してきました。

そして、実際にやってみたところ、

なにより、

「子どもが学びたがっている姿を見るのが楽しい」

「ひとつでもできるようになって喜んでいるのがうれしい」

そう思えるようになりました。

ただ賢く育てるだけでなく、

「楽しい」

「嬉しい」

「できた!」


こういう気持ちを育てていくことが、
2歳3歳の時にはとても大切なことです。

−−−−−/−−−−−−−−−−−−/−−−−−−−−−−−−−/
「保育園に入れると、一緒に過ごす時間が少なくなるので、
有意義に過ごしたい」

三重県 1歳の男の子のお子さんのママ
−−−−−/−−−−−−−−−−−−/−−−−−−−−−−−−−/
あるママはそんなふうにおっしゃっていました。

教育ママのように、勉強勉強、で育てる必要はないですが、
でも、結果として、賢い子に育てば言うことなしじゃないですか?

■価格

今回、こちらの商品を、1,000円で販売いたします。

PDF形式で、ダウンロードしていただけます。
全28ページの中に、
7つの秘密の具体的な方法をぎゅっと凝縮しています!



3歳で読み書きできちゃう!7つの秘密

ご購入はこちら

→ご注文後、入金が確定できると、
購入者マイページから商品をダウンロードできるようになります。




特定商取引に関する法律に基づく表示 プライバシーポリシー

Copyright (c) 2013 tsuimiki-college.com