子育てに困っている、つい怒って叩いてしまう・・・。でも本当は優しいママでいたいという方へ

イヤイヤ期の対処法2:他のものに興味をもたせる

他のものに興味をもたせる

こんにちは。
子育てアドバイザーの広瀬つみきです。

 

前回、子どもが「イヤイヤ」をしているときは、

 

「オウム返し」をしましょう

 

というお話をしました。

 

今回は、さらに違う方法をご紹介します。

 

 

それは、

 

他のものに興味をもたせる。

 

という方法です。

 

子どもというのは、結構、移り気なものです。
さっきまで泣いていたのに、
急にコロっと態度が変わってニコニコしたりすることがあります。

 

子どもの感情というのは、「快」か「不快」だけなんですね。

 

要するに、楽しいか、悲しいか、ということです。

 

なので、悲しいとか、不機嫌な状態の時に、それをなんとかいさめようとしても、
余計に不機嫌にさせてしまって、収拾がつかなくなる、なんてことも、あるのではないでしょうか?

 

そんな時には、

 

全く違うものを見せて、興味を別のものに移させる

 

という方法が有効です。

 

例えば、どこかに行っていて、
「帰りたくなーい!!!」

 

と泣き叫んでいるお子さんに対して、
その子が大好きなおもちゃだったり、お菓子だったりを、パッと見せるのです。

 

それによって、一瞬お子さんの意識が、それに向かいます。

 

次の瞬間、泣きやんで、それをつかみにくる・・・なんてことが起きます。

 

大好きなものもいいですが、
初めて見るような変わったものを見せる、というのもいいですよ。
(見た事のないキャラクターのぬいぐるみとか、見たことのないおいしそうなお菓子とか)

 

 

スーパーなどであれば、そのお店の売り物の、
ちょっと変わった商品なども効果的です。

 

「主婦が考えたアイデアグッズ」とか。

 

見た目が派手なものとか。

 

 

当然、今度はそちらに興味が移って、
買わないといけない状況におちいることがあるので、
値段もよく見て持ってきてくださいね(^_^;)

 

 

あとは、お気に入りの絵本の中で、
小さなものを常に携帯しておくのもいいですね。

 

軽いものだったり、
布でできたものだったりすると、
持ち運びやすいのでいいですね。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

広瀬つみき

 

 

 

+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

 

今、広瀬つみきのメルマガにご登録いただくと、
イヤイヤ期の子育てのコツや、幼児教育の具体的な方法がわかる
無料レポートを、10冊以上(500ページ以上)プレゼントしています!
ご登録はこちらから。
かてきょ広瀬つみきのメールサプリ(無料メルマガ)

広瀬つみきのコンテンツ