子育ての相談ができる人がいない、つい怒って叩いてしまう・・・というママのために、私は子育てアドバイザーになりました。

美輪明宏さんが語る、「怒る」と「叱る」の違い

美輪明宏さんが語る、「怒る」と「叱る」の違い

こんにちは、広瀬です。

 

NHKテレビ小説「花子とアン」でもナレーションを務める、
美輪明宏さんの子育てのお話です。

 

テレビで、子育てママの相談に答える、という企画で、

 

「子どもとの向き合い方がわからない」

 

というママの相談に答えます。

 

 

私、広瀬も、子育てアドバイスの中で、

 

かてきょ怒るより、「落ち着いた声」で、「さとすように」話しましょう

 

 

かてきょお子さんに、

 

「何で●●なの?」
「どうして●●と思ったの?」

 

と聞きましょう。

 

と話していますが、美輪さんも、同じようなことをおっしゃっていました。

 

 

まもなく100万回再生される、
美輪明宏さんが「怒る」と「叱る」の違いを語る動画。

 

 

 

この動画のコメントにも、
「理屈で語ってもね。」

 

という言葉があるように、
実際には、わかっていても、できないことってあります。

 

 

私の読者さんも、相談メールの中で、

 

「そんな理想論はいりません!無理なんです!!」

 

と悲痛な叫びをあげる方がいます。

 

 

私は、怒ってはいけない

 

とは言いません。

 

怒ってしまうことだって、当然あるわけです。
私だってよくあります。

 

 

だから、「フォロー」が大切なのです。

 

あとからフォローをする。

 

「さっきはゴメンね。ママがイライラして怒っちゃった。」

 

と言ってあげれば大丈夫です。

 

 

子どもは、怒られると、行動よりも、
自分自身が否定された=ママに嫌われた

 

と感じます。

 

 

どれだけ子どもが悪い行動をしていたとしても、
子どもが純粋無垢な気持ちで行動した結果、

 

「大人から見て」悪い行動

 

と映るだけ、ということがほとんどです。

 

 

イライラして怒るのではなく、
冷静に、話して聞かせる

 

のが理想的ですが、

 

 

どうしても「カーっ」となってしまう方は、
(実際、冷静に対処できる人はなかなかいないですが)

 

フォローすればいい、

 

と思えば、楽になれますよ。

 

でも、あまりガミガミ言いすぎないようにしてくださいね(/_;)

 

 

 

広瀬つみき

 

 

 

 

+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

 

今、広瀬つみきのメルマガにご登録いただくと、
イヤイヤ期の子育てのコツや、幼児教育の具体的な方法がわかる
無料レポートを、10冊以上(500ページ以上)プレゼントしています!
ご登録はこちらから。
かてきょ広瀬つみきのメールサプリ(無料メルマガ)

広瀬つみきのコンテンツ