子育てに困っている、つい怒って叩いてしまう・・・。でも本当は優しいママでいたいという方へ

全然なついてくれなかった3歳の姪っ子が、ある方法を使うことで、一瞬で心を開いてくれました|大徳さん

全然なついてくれなかった3歳の姪っ子が、ある方法を使うことで、一瞬で心を開いてくれました|大徳さん

こんにちは、広瀬つみきです。

 

テレビ番組の「大徳さん」で、おもしろい企画をやっていました。

 

3歳の女の子が、親戚の「山本さん」(男性・48歳)に、なつかないので、
何とかしてほしい、というママのお願いを解決する、という内容です。

 

 

山本さんが近づくだけで、女の子は号泣。

 

仲良しの親戚さんで、よく一緒にご飯を食べたり
集まったりするそうなのですが、

 

毎回女の子が、山本さんを見ると号泣していたので、
親戚の人たちも、もう、ほとんどあきらめていました。

 

 

そこに、専門家の先生のアドバイスが入り、見事解決。

 

 

その方法とは、

 

「その子の好きなおもちゃで、同じ空間で同じように遊んでいるのを見せる」

 

それと、

 

「なつかないからと言って、強引に仲良くなろうと近づこうとしない」

 

 

というものでした。

 

 

その子は、レゴのようなブロック遊びが好きだったので、
山本さんも、先生のアドバイス通り、同じテーブルの、
少し離れたところで、ブロック遊びを始めました。

 

 

普段なら、姿を見るだけで、泣いてしまうところなのに、

 

「チラっ」

 

と見ながら、意識をし始めます。

 

 

そして、10分ほど同じ場にいても、泣かなくなりました。

 

 

山本さんは、
その子と一緒に映った写真がなかったのですが、
(撮らせてもらえるような状況になったことがない・・・)

 

ブロック遊びの結果、
最後は、なんと、女の子の隣に座って写真が撮れました。

 

山本さんだけでなく、親戚の方全員が大喜びでした(*^^*)

 

 

何ヶ月も悩まされていた問題が、一気に解決。
これってすごいですよね。

 

 

ポイントは、
つみきカレッジ
同じものが好きなんだよ

 

というアピールをして、安心させることと、
つみきカレッジ
嫌がる子に対して、その子のフトコロに入っていかないようにする

 

ということ。

 

 

 

でした。

 

 

ここ最近、広瀬も、かてきょに行って、

 

初めてお会いする子と、すぐに仲良くなる、
ということを経験していますが、

 

 

確かに、

 

「いきなりフトコロに入る」

 

ということはしていません。

 

 

 

徐々に距離を縮めていくようにします。

 

 

それまでは、その子がどんなことに興味を持っているのか、
何をして遊ぶのが好きなのか、
ということを、本人やママに聞いて、確認しています。

 

 

その話を聞いて、
例えば、車のおもちゃが好きなら、

 

そのおもちゃで一緒に遊んでみたりします。

 

 

そうやって、仲良くなっています。

 

 

 

パパやおじいちゃん、おばあちゃんでも、

 

なかなかなついてくれない、という場合があるかと思います。

 

そんな時には、一度試してみるといいですね。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

広瀬つみき

 

 

 

今、広瀬つみきのメルマガにご登録いただくと、
イヤイヤ期の子育てのコツや、幼児教育の具体的な方法がわかる
無料レポートを、10冊以上(500ページ以上)プレゼントしています!
ご登録はこちらから。
かてきょ広瀬つみきのメールサプリ(無料メルマガ)

広瀬つみきのコンテンツ