子育てに困っている、つい怒って叩いてしまう・・・。でも本当は優しいママでいたいという方へ

見せるなら、ホンモノを。

見せるなら、ホンモノを。

こんにちは、広瀬です。

 

私は、幼稚園の時から小学校中学年くらいまで、ピアノを習っていましたが、
実は、一曲も弾けません(/_;)

 

それが結構コンプレックスなのですが、保育士試験の時は、キーボードを買って、
一生懸命練習した結果、なんとか合格できました。

 

ピアノを習っている時は、弾くことが苦痛でしかたなかったんです。

 

なぜ、そう思っていたかというと、

 

「譜面通りに弾く」ことばかりだったからです。

 

それがイヤでイヤで仕方ありませんでした。

 

 

曲を弾くということは、確かに、楽譜を見て、その通りに弾けることが大切ですし、
まずはマネすることからはじめる、ということはわかるのですが、
それよりも何よりも、まず、「音楽」とは何か、ということを知らないといけないと思うんですね。

 

 

我が家では、クラシック曲を聞くという習慣もなかったですし、
両親が音楽がめちゃくちゃ好き、というわけでもありませんでした。

 

私が幼児教育を研究するようになって、
わかったのは、

 

「まず、ホンモノを見せること」

 

ということです。

 

私はコンサートというものに連れて行ってもらったことがなかったので、
「ピアノを弾く」ということが、どういうことなのか、
さっぱりイメージできなかったんですね。

 

 

そんな経験もあり、
私は今、息子を連れて、いろんなコンサートに連れて行っています。

 

<<サンプル>>
コンサート

 

「0歳から入れるコンサート」というものを見つけては、連れていくようにしています。
CDやテレビでは決して感じることができない臨場感と、
ホンモノの音を知ってほしいからです。

 

田舎なので、なかなかそういうものが開催されませんが、
0歳の時から年に2回くらいは連れて行っていると思います。

 

最近は少しこういうものが増えているようですね。

 

 

息子に、
「今度コンサートが●●市であるよ、行きたい?」
と聞くと、

 

「うん!」と言って、コンサートを楽しみにします。

 

私自身も、こういうコンサートで音楽を聞くのが大好きなので、
息子と一緒に楽しんでいます。

 

 

こうやって、親子で、ホンモノを楽しむことからはじめるって、大切なことだと思います。

 

みなさんがお住まいの地域でも、お子さんと一緒に聞けるコンサートがあれば、
行ってみてはいかがでしょうか?

 

お値段も結構安く、500円くらいからというのもありますよ♪

 

 

それでは、本日はこの辺で。
ありがとうございました。

 

広瀬つみき

 

 

+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

 

今、広瀬つみきのメルマガにご登録いただくと、
イヤイヤ期の子育てのコツや、幼児教育の具体的な方法がわかる
無料レポートを、10冊以上(500ページ以上)プレゼントしています!
ご登録はこちらから。
かてきょ広瀬つみきのメールサプリ(無料メルマガ)

広瀬つみきのコンテンツ